Free
$
ApplicationS

o
Home

最初は“フリーソフト”のページだったのですが、
ウェブアプリケーションの一般化(クラウド化)に合わせて、範囲を拡げて、
実際に使っているツールを幅広く紹介することにしました。
ウェブアプリケーションから iPhoneアプリ、GoogleChrome のエクステンションまで。
どのツールも、基本的には無料で利用できます。


hafeibcdg
categories
Twitter
Browser
テキスト
Photo
MP3
Music
Recording
Flash
JavaScript
Drawing
Book
Converter
Storage
フリーソフト
(クライアント    
 アプリケーション)
SNS
iPhoneアプリ
review/sample
?
Twitter#
official site HootSuite あらゆる SNS を統合して使おう、という設計思想で作られたウェブクライアント。
Twitter/Facebook/Google+/mixi(!)などがまずデフォルトで使え、さらに“app”という形で、
Tumblr や他の SNS も導入できます。ポスト以外の機能も充実しています。
同業の Seesmic を買収したりして、調子に乗っているというか、勢いのあるサービスです。
official site Everypost ? 個人的にかなり愛用している、ポスト(投稿)専用の iPhoneアプリ。(Androidアプリもあります)。
Twitter/Facebook/Google+/Tumblr といった複数の SNS に一度にポストするためのアプリです。
Twitter/Facebookの同時ポスト用「Chirpie 2.0」や、Twitter用の「OnlyTweet」といった
ポスト専用アプリもあります。使っている SNS に合わせて選んで下さい。
official site この発言は
個人の見解であり
所属する組織の
公式見解では
ありません
? JavaScript を利用してブラウザ上で動かす、「発言専用」のTwitterクライアントです。
発言に対するコンプライアンス的エクスキューズを完全に忖度なく表明することができるという、
倫理的にもかなり高度な、素晴らしいアプリケーションです。
ツイッター本体とアプリケーションを連携させる手続きが必要になります。
instxt instxt ウェブ上に長文テキストを残しておくことができるサービス。
Twitterでの140字以内、APP.NET では256字という制限以上の長文をポストする場合にどうぞ。
書いたテキストにそれぞれ URL が作られるので、その URL をポストするだけ。
APP.NET というのは、ツイッターのオルタナティブとしてユーザー数を増やしているサービスです。
official site twitterspirit ? なんと、投稿したツイートを、指定した時間で“消滅”させるシステム。
使い方は簡単で、サイト上で連携を認証した後は、ハッシュタグで時間を指定するだけです。
30秒なら #30s、5分なら #5m、10時間なら #10h、となります。
あんまり無責任な使い方はお勧めしませんが、使い方次第では重宝するツールだと思います。
Browser#
official site Google
Chrome
言わずと知れた、グーグル産のウェブブラウザ。
とにかく軽快に動くのがストロングポイントで、ホントにそれだけで使う価値があると思います。
エクステンション(拡張機能)と呼ばれるプラグインで、機能面のカスタマイズができます。
iPhoneアプリ版もあって、ブックマークを同期させることができます。
official site Taberareloo ? 意味不明な名前とは裏腹に、かなり強力なツール。Google Chrome のエクステンションです。
SNS やブックマークなどの複数のサービスに一度でポスト(クロスポスト)することができます。
Twitter/Facebook などのSNS、はてブ/delicious/Instapaper、Evernote にも使えます。
最初の設定だけがかなり面倒です。個人的には Tumblr 用に導入したツールです。
Text#
official site TeraPad 起動も挙動も軽快で安定している、とても使いやすいテキストエディタ(ワープロソフト)です。
HTMLを書くのに便利な、自動色分け機能が付いています。文字コードにもしっかり対応。
XML用に必要に迫られて使い始めたんですが、現在も専ら HTML/CSS/js用として愛用中。
もちろん、特別な用途でなければ、これ一つで日本語テキストも十分扱えます。
vector Vertical Editor ? 「縦書き」の名前の通り、テキストを縦書きで印刷したいときにお薦めのテキストエディタ。
アウトライン機能付きで、他にも各種の設定をかなり細かく調整できたりするんですが、
いろいろ盛り込みすぎて逆にややこしくなっている、という点がマイナスです。
この手のフリーソフトは実はあんまりないので、そういう意味でも貴重なソフト。
Microsoft official site Word Viewer ? Microsoft Office Wordのファイル(.docx)について、「表示・印刷」だけが出来るというソフト。
変わりダネのように思えますが、マイクロソフトの公式ソフトです。
このソフトがあると、メールの添付ファイルを扱えるので、環境的にはOffice本体が不要になります。
Office依存からの脱却を望んでいる方にはお薦め。
official site Google Docs 個人的には、衝撃的なぐらい革新的だったツール。
オンラインワードプロセッサです。リアルタイムで、他の人と同じテキストを編集できます。
GoogleDrive と統合されたりして、最初はややこしそうですが、触ってみれば簡単に使えます。
動作が重いのはしょうがないとは思いますが、やっぱりそこがマイナスですね。
official site クリップNOTE コピー&ペースト(貼り付け)で誰もがお世話になってる、クリップボードの機能拡張ソフト。
パッと見、使い方が難しそうなんですが、実はとても簡単です。
履歴フォルダには、コピーの履歴(クリップボードの使用履歴)がリストアップされています。
保存は、右クリックで保存フォルダに移すだけ。使う時は、それをクリックするだけ。便利で簡単!
Ajax IME Ajax IME 海外のホテルで、など、日本語入力ができないPCでも日本語を書くことができる、というツールです。
サイト内のボタンをクリックするだけで(入力フォームが水色に変わります)、
IME がウェブブラウザ内で起動して、ローマ字変換で日本語テキストを書けます
ブックマークレット版もあります。
Photo#
pinterest Pinterest フォトSNS。「ピン」と「ボード」という言葉を使います。
Flickr と似ていますが、デザインとコミュニティ機能がより洗練されています
使い分けるとしたら、Flickr はライフログ的に、こちらは整理されたフォトアルバムとして、という感じ。
シリアスにビジネスで使いたい、という方にはお勧めしません。(そういう方は、500px をどうぞ。)
instagram Instagram ? 簡単に操作できるフォトアプリ、という能書き以上の何かを持つツール。
正方形に撮影された写真に、フィルター加工をして、アップロードして、というだけなんですけど…。
個人的には、このアプリがきっかけで、iPhoneで写真を撮って歩くようになりました。
ライフスタイルを変えるぐらいのインパクトがあった、ということですね。
official site WEBSTA Instagram には当初、PCで閲覧するための“オフィシャルサイト”がなく(今はあります。こちら)、
その為に作られたのが、このサービス。ウェブビューアーと謳われています
Instagram にアップロードしてある写真で、ウィジェット(ブログパーツ)を作成するツールがあります。
独自のコミュニティ機能も備えられているので、興味のある方はどうぞ。
official site Snapchat ? 文字通り、“スナップでチャットする”ツールなんですが、その写真は消します、というサービス。
自分の発言・画像が半永久的に保存され、容易に参照され続けてしまうという、
ウェブにおけるログの絶対性を倦む風潮の拡がりに応じて登場したチャットツールです。
チャットの相手に送ったスナップは、指定した時間の経過後、サーバーからも“デリート”されます。
mp3#
official site QMPlayer ? CDの曲を MP3 に変換する時に使う、メチャメチャ高性能なリッピングソフト兼メディアプレイヤー。
バージョンアップに伴って、CDプレイヤーからメディアプレイヤーに呼称が変わりました。
英語のソフトですが、日本語版もあります。
ややこしいんですが、リッピングには LAME という別のソフトが必要です。
official site Perfume
Music Player
? 全世界30億人待望の、パフュームの楽曲の専用ミュージックプレイヤー。
iPhoneアプリです(Androidアプリもあります)。ウェブサイトと常に連動しています。
更新され続ける、テクノロジー・アイコンとしてのパフューム。
モバイルデバイスに搭載されたパフュームサウンドを、ワールドワイドウェブへ解き放てっ!
official site fre : ac ? WAVEデータを MP3 に変換する目的で使っているソフト。
「Free Audio Converter」の略で、MP3 だけでなく、色んな種類のファイルを相互に変換できます。
英語で表示されるのと、操作ボタンが小さくて細かいのもあって、初めは扱い難いかもしれません。
高機能で優れたソフトなのですが、オフィシャルサイトが見難いのはマイナスです。
Music#
official site Zulu DJ
Software
? DJミックスができるソフト。英語のソフトです。
2週間の体験版で、それ以降は機能の一部が制限される無料バージョンとして使えます。
ビビるくらいに重厚なインターフェイスですが、それに相応しく、かなり本格的なことができます。
最初は分からなくても、適当にいじっているうちに使えるようになりますので、ぜひ挑戦してみて下さい。
Mixcloud Mixcloud DJミックスを共有するためのSNS。著作権云々はちょっと微妙な感じです。
自分でミックス(DJミックス)した音源を配信(公開・共有)することができます。
曲のデータをタグとして貼り付けるので、プレイリストとして用意しておく必要があります。
embed/iframe を使った埋め込み用のプレイヤーを作ることができます。この機能はお勧め。
official site ePiano.jp 「予告.in」の作者の方による、ピアノが弾けるウェブアプリケーション。
キーボードをピアノの鍵盤に見立てて弾くことができます。マウスのクリックでも弾けます。
録音したり、それを再生したりもできるようです。
ブラウザで開いて使わないままでいると、ちょっと怖いことが起きます。
official site EOE-D1 ? デジタルリズムマシンということを謳っているソフト。
メロディーは作れませんが、色んな音を鳴らしてリズムパターンを作ることが出来ます。
意外と音がいいのと、長い曲も作れたり、音色をオリジナルの音に換装することも出来ます。
基本的にはクリックするだけで音が出るので、単純にそれを鳴らしてるだけでも面白いです。
HTML909 HTML909 クリックするだけで音が鳴る“ドラムマシン”です。
InternetExplorerでは、表示すらされません。
単純に音が鳴るだけで楽しいんですが、4拍で鳴るだけでなんとなく気持ち良くなってくるという、
リズムの呪術性みたいなのもうっすら感じることができたりできなかったり…。
websynth こちらは、ブラウザ上で動く“シンセサイザー”。同じく IE では動きません。
ある程度、知識や慣れがないと楽しめないかとは思いますが、紹介だけでも。
色んな音色で「ヴゥ~ン」と鳴ります
下の再生ボタンを押すと、作った音でデモ曲が奏でられるようになっています。
Recording#
official site radika ? AM/FMラジオのストリーミング・サービス「radiko」を録音するフリーソフト。予約録音もできます。
別に他のソフトでも録音できるんですが、せっかくなので、ということでご紹介。
radiko のフリー版は、地域によって聴ける放送局の制限があるので、このソフトもその制限を受けます。
radikoは、ウェブ時代にラジオの復権を狙い、担うサービスとして、個人的にも応援してますっ!
vector Tapur Skype と連結させて、会話を録音出来るソフト。録音データのファイル形式はWAVE(.wav)。
録音ボタンをクリックするだけという、使い方がとにかく簡単なのがいい所ですね。
ちなみに、テレビ電話の録画も出来ます。
アイコンが意味不明なのと、ソフト名の読み方が分からないのはマイナスですけど。
official site Moo0 ? 「ムーオ」と読みます。シンプルな録音ソフトです。
クリックするだけで使い始められるのと、なにより挙動が安定しているのが良い点。
MP3 として録音できるので、そこもポイントが高いですね。
上に続いて、ソフトの名前が、意図も含めて良く分からないのがマイナス。
official site SoundEngine Free ? WAVEデータの音源を左右2chで波形表示させて、切ったり繋げたりする編集ソフト。
フリーソフトとは思えないほど、いろいろな機能が搭載されているんですが、
高機能過ぎて、逆に使い方が難しいかもしれません。
ポッドキャストや動画制作など、目的がはっきり決まっている方にはお勧めのソフトです。
official site RadioLine Free ミキシングといって、複数の音源を一つにミックスするためのソフトです。
最大で4つの音源をひとつに併せることができます。
ポッドキャスト用の音声にBGMを入れたり、逆に曲にナレーションを被せたり、というのが主な用途。
上記の SoundEngine Freeと連携させるので、使う場合は両方のソフトをインストールして下さい。
Flash#
official site mixwidget ? ブラウザ上に「実物大のカセットテープ」(!)を表示させるという、Flash のMP3プレイヤー。
正確には、MP3を基にしたプレイリスト(.xspf)を再生させます。
.xml.swf .xspf といったファイルを扱うので、慣れが必要ですが、インパクトはデカい!
自分でも簡単なガイドのページを作ってみましたので、参考にして下さい。
site officiel DewPlayer ? こちらは、とてもシンプルなスタイルの FlashMP3プレイヤー。
フランス産のソフトです。幾つかバージョンがあって、表示させるボタンの数が変わります。
サイト上でコードを生成してくれるので、それを HTML に書き加えるだけです。
音量のコントロールが出来ない(PC側でボリュームを調整しないといけない)のが欠点ですね。
JavaScript#
official site 竹取 JS COMONOS という会社が提供している「竹取Web」の、JavaScript版。
CSS と JavaScript を組み合わせて、HTMLでテキストを縦書き表示させるツールです。
日本語だけでなく、中国語・韓国語にも使えます。
最初の設定がややこしいんですが、テキストの高さだけ決めればちゃんと表示されるので、実は簡単。
official site Webページで
ダイスを振るbookmarklet
? サイコロをブラウザ上に表示させるブックマークレットです。
ブックマークレットは、ブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録しておいて使うツール。
ワリとデカ目なサイコロが、なんと6個も出てきます。ただし、それだけ
「桃鉄」のゴロゴロ転がす感じを狙って作られたモノなんだそうです。
ドドド WebPage Dododo ? 「無」から「ド」を生む。それが「WebPage Dododo」というゴールド・エクスペリエンス
そしてその黄金体験とは、JavaScript によって具現化された「技術」である。
WebPage Dododo によって、あなたはweb5.0という“暗闇の荒野”に足を踏み入れることになる。
「覚悟はいいか? オレはできてる」 必要なのは“覚悟”だけだッ!
official site dancing clock! YouTubeで拾ったネタを使って自作したスクリプトです。
JavaScript をよく理解してないまま始めたので、最終的には iframe で誤魔化しました。
時報です。
午前7時から深夜3時まで、パフュームが時報をお知らせしてくれます。
official site official site ページの
トップに戻る
ボタン
? このページでも使っていますが(右下)、「ページのトップに戻る」ボタンを設置するスクリプト。
トップに戻る機能自体は、HTMLだけで可能なんですが、JavaScript を使ったこの方法だと、
戻るスピードをコントロールできるので、かなり“オシャレ”な印象になります
jQuery という、JavaScript のライブラリを利用します。
official site rssreader ? Google feed API を利用して、RSSリーダーを自作するツールです。
基本的には、スクリプト内にRSSフィードの URL を書き加えるだけで使えます。
CSSやスクリプトの数値を書き換えることで簡単にアレンジできるので、
いわゆる“アンテナサイト”やブログパーツなど、用途に合わせて試してみて下さい。
RSS#
official site ChimpFeedr ? 複数のRSSフィードを、ひとつのRSSフィードにまとめて配信し直すウェブアプリケーション。
基本的には、RSSリーダーをすっきり見やすくするツールだと思いますが、
例えば、ウェブマガジンのカテゴリー別に生成されるフィードをひとつにまとめたり、
自分の複数のブログのフィードを統合して配信したりと、用途は色々あると思います。
official site Google
feedburner
? RSSフィードをカスタマイズできるウェブツール。
本来は、ブログやポッドキャストなどの、コンテンツを配信する側のためのサービスなのですが、
受信するフィードを短く編集する目的で使っています。(「最適化」⇒「キャッチコピー」の項目です。)
グーグルに買収されたサービスで、グーグル・アカウントでのログインが必要です。
official site FeeDa RSSリーダーのウィジェット(ブログパーツ)を作成するサービスです。
受信したいRSSを入力し、デザインの設定を決めていくと、簡単にウィジェットが作れます。
サイトで生成されたスクリプトを、自分のウェブサイトやブログのサイドバーに貼り付けるだけです。
利用にはメールアドレスの登録が必要です。
official site FeedWind 上記の FeeDa とほぼ同じサービスですが、こちらは英語のサイトです。
最大のポイントは、表示されるRSSフィードのリストが、スクロールされて動くこと。
例えば、画像を表示させてスクロールさせると、印象がだいぶ変わってきます。
操作自体はとても簡単ですが、HTMLの知識が多少必要かもしれません。
Drawing#
official site Sumo Paint 「相撲ペイント」というネーミングはさっぱり意味が分かりませんが、機能自体はかなり強力なツール。
いわゆるペイント系のウェブアプリケーションです。フィンランド製。
操作は同系の他のソフトとほとんど変わりないので、ちょっとでもかじったことがある人なら、すぐに
使えるようになると思います。
official site こくばん.in 文字通り、黒板とチョークの、とても素敵なツールです。コミュニティ機能付き。
チョークで黒板に書くように、字や絵を描くことができます。ブログパーツとして出力することもできます。
ツールの提供だけでなく、それを使ってどう楽しむかという運営面についても、管理人の方の
センスの良さ
が出ているサービスだと思います。
official site SP STUDIO ? 「SP」はサウスパークの略で、あんな感じのキャラクターを描けるジェネレーター。
基本的には、パーツごとにアイテムを選んでいくだけで使えます。
使っているうちに、ニヤニヤしてきちゃうはずです。SNS のアイコンに是非どうぞ。
個人的にも、ここで作ったアイコンは Twitter その他で愛用中。
official site bannerkoubou.com 「バナー工房.com」というサイトの中にある、GIFアニメを作るためのツール。
手軽に、簡単なアニメーションを作ることができます。
個人的には廃ると思っていたGIFアニメですが、どっこい、まだまだなんですね。
とても利用しやすい、良心的なサイトですので、他のツールも是非どうぞ。
official site IconStars ソフト(アプリケーション)のアイコン画像を、そのソフトのデータファイルから抽出するソフト。
このページに並んでいるアイコンも、これを使ってやっています。
もちろん、HTMLにだけでなく、自分のPCのデスクトップやフォルダにも使えます。
古いソフトですが、今でも重宝してます。代えの効かない貴重なソフト。
vector easyQR 携帯電話で読み取れる、2次元バーコードのQRコードを生成するソフトです。
URLやメルアドをQRコードにして名刺やペーパー資料に印刷する、という使い方が一般的ですが、
“アルファベットの文字列”であれば、どんなテキストでもコード化出来るので、色々新しい
使い方を考えてみても面白いかも。
Converter#
画像を透過する
ツール
自分の持っている画像の、背景や特定の色を、透明にしてくれるウェブツールです。
透過化したい画像をアップロードしてから、透明にしたい色をブラウザ上で指定するだけ。
背景を透過したい場合に利用していますが、他の使い方もあると思います。
画像はPNGデータとして保存されます。
official site Favicon
Converter
自分の持っている画像ファイルを、アイコンファイル(ICON形式)に変換してくれるサイト。
画像ファイルの色々な形式に対応しているのと、リサイズもできるのはポイント高いですね。
他に、ウェブサイトのファビコンを抽出して画像ファイルにしてくれるツールもあります。
地味なツールですが、ウェブアプリケーションでこういう機能が使えるのは、意外と嬉しいです。
Convert Fonts Convert Fonts フォントファイルのフォーマットを変換してくれるウェブアプリケーション。
とりあえず、「ttf to eot」のページにリンクを貼ってますが、他にも色々変換できます。
例えば、TTFファイルから変換する場合は、「Convert ttf files」の下にある項目から探して下さい
ttf、eot、woffの三種類があれば殆どのニーズに対応できます。
Book#
official site Booklog ? 自分の読んだ本を、ログ化・ソーシャル化するコミュニティサイト。
読書のログが“本棚”として公開されますiPhone と Android のアプリもあります。
個人的には、SNS への投稿機能を利用するために使い始めました。
読書体験の総合サイトとして、細かい機能も充実していますし、新機能も次々に追加されています。
official site リリースチェッカー Amazon にRSSを生成させて、それを新刊のリリース情報として配信してくれるツールです。
キーワードを入力すると、そのキーワードに沿ったRSSを作ってくれます。
リンク先は、サイトの管理人さんのアフィリエイトのページになっています。
上記のブクログにも、違うタイプの新刊情報機能があります。好みで使い分けて下さい。
Storage#
official site Evernote ? 登場からあっという間に広まったオンラインストレージサービスです。
特にスマートフォンでは最早デフォルト化してる感じもありますが、一応、ここでご紹介。
OS/デバイス問わず、とにかく独自のエコシステムと呼べるくらいの環境が出来上がっているので、
使わない手はないと思います!
official site Evernote
for Windows
Evernote をコントロールするためのクライアントアプリケーション。
オフィシャルのものです。Macにも専用のアプリケーションがあります。(for Mac
SOHOなんかではホントに便利なツールだと思います。
どうしても動作が重くなってしまうので、低スペックのマシンにはあんまりお勧めしません。
official site Postach.io ? 「ポスタチオ」という名称は、“ポスト”と“ピスタチオ”に掛かってまして、アイコンはそんな感じ。
Evernote を使ってブログを構築する、というサービスです。
ノートブックとタグによって指定されたノートが、自動的にブログのエントリーとしてポストされます。
まだベータ版なんですが、アイデア次第でかなり使えるツールだと思います。お勧め。
official site Dropbox Evernote と並ぶ、新世代のオンラインストレージサービス。
こちらは文字通り“箱”のイメージで、どんどん放り込んでいくだけでOK、というシステムです。
MP3を入れてメディアサーバー化したり、HTMLで簡易的なウェブサイトを作ったりと、色々応用できます。
もちろん、普通にストレージとして使うだけでも十分価値のあるサービスです。
official site Nebulous Notes
Lite
? 説明が難しいんですが、簡単に言うと Dropbox の中のテキストを編集するための iPhoneアプリ。
Dropbox の場合、オフィシャルのアプリではテキストファイル(.txt)は参照しか出来ません。
別に専用のテキストエディタが必要で、PlainText Nocs など幾つかあるんですが、
その中で、文字コード(Shift_JIS)の指定が出来るのが、このアプリの最大の長所です。
official site musicstorage 音楽系のニーズに特化したストレージサービスです。データファイルの大きさは 2GB まで。
基本的には、自分が作った音源のデータファイルをアップロードしておくだけです。
聴きたい人がそのファイルをダウンロードする、という使い方。
「ソーシャルストレージ」ということを謳っていて、コミュニティ機能がストレージに付加されています。

k